My thoughts and ideas, their transition and morphology ...  I  -  II  - facebook - twitter - delicious - flickr - youtube - github
耐えられないけど言いにくい!職場の微妙な問題を解決する方法と心構え
どんな会社でも組織でも、個人のスペースの問題、騒音問題、耐えられないほどの臭いを放つ人など、職場に悪影響を及ぼすものの向き合うのが厄介な問題を、何か一つは抱えているものです。このような不快な問題を解決するのはなかなか難しいですが、同僚や上司に真実を言う時がきたら、間違いなくうまくいく方法はあります。…
…「微妙な問題」というのは、どれも問題を抱えた人はその問題にすら気づいておらず、他人に不快な思いをさせているという気持ちもない、ということを覚えておかなければなりません。すべての場合がそうだとは言い切れませんが、同僚に微妙な問題について切り出す時は、疑うことと敏感でいることの大切さを伝えることが重要です。…
…社員の行動規則などがある会社なら、問題の同僚と話す前に、それをチェックした方がいいでしょう。また、直属の上司や、さらに上の上司に前もってその問題に気づいてもらい、同僚が取り乱している状況から逃れられるように、アドバイスをもらった方がいいかもしれません。いったん外堀を埋めてしまえば、あとは「言わなければならないことを言う」という一番めんどくさい仕事が始まります。…
…へりくだったり、見下したりしないようにするのが大切です。人間誰しも、自分の行動が他人にどんな影響を与えているのかは気づかないものです。ほとんどの人は、他人をひどく傷つけたりしたくはありませんし、その問題に関わりたくないからこそ、問題を突きつけることにネガティブな反応をするのです。相手がネガティブな反応をする人の場合、どんなに気を遣っても、優しくて理解ある言い方をしても、難しいかもしれません。…
…一般的に「私には解決できない」という場合は、「解決方法がわからない」もしくは「解決してみようと思ったがダメだった」のどちらかです。解決する段階で直接手助けしてあげられないとしても、問題を解決しようとする気を持たせ、良くなってもらうことを目標にしましょう。できることなら、ちょっとした会話を心がけて、問題を少しずつ切り崩していくのがいいと、Godin氏は言っています。こういった支援行動は、どんな同僚にも必要なものです。…
…その問題を解決していくことにそこまで関われないという場合は、会社に何らか助けになるものがあるはずです。健康保険でカウンセリングや、何か関連するプログラムが受けられるかもしれません。また、会社が従業員支援プログラムを持っているなら、どんな問題でも解決するのに必要な支援を見つけるお手伝いをしてくれる無料のホットラインに、従業員が内密に相談することができます。悪臭問題から、喫煙問題まで請け負ってくれるでしょう。プライバシーを保てるので、助けを必要としている同僚にとってはありがたい方法です。…
…「微妙な問題」というのは、一筋縄ではいかないものですし、必ずしも自分一人で解決できるものではないかもしれません。ですから、信用できて気兼ねなく一緒に働ける人を見つけるよう、常に心がけましょう。微妙な問題について話す時は、からかわないように問題を現実的に解決する一番いい方法を考えるようにしましょう。問題の同僚があなたに嫌な思いをさせているとしても、自分がされたくないような扱いをその人にしないように気を遣ってください。そうすれば、問題を解決するかなり良い機会が巡ってきます。…
- 現在進行形の深刻な問題は何もないが、知っておいた方がいいことかも。微妙な問題は上にも下にも存在すると考えて、自分の立場を相対的に評価されることなく立ち居振る舞いたい。組織に起こる問題には必ず帰結できる約束があるはずだから、その中では誰もが対等のはずだ。 (via LIfehacker)

耐えられないけど言いにくい!職場の微妙な問題を解決する方法と心構

どんな会社でも組織でも、個人のスペースの問題、騒音問題、耐えられないほどの臭いを放つ人など、職場に悪影響を及ぼすものの向き合うのが厄介な問題を、何か一つは抱えているものです。このような不快な問題を解決するのはなかなか難しいですが、同僚や上司に真実を言う時がきたら、間違いなくうまくいく方法はあります。…

…「微妙な問題」というのは、どれも問題を抱えた人はその問題にすら気づいておらず、他人に不快な思いをさせているという気持ちもない、ということを覚えておかなければなりません。すべての場合がそうだとは言い切れませんが、同僚に微妙な問題について切り出す時は、疑うことと敏感でいることの大切さを伝えることが重要です。…

…社員の行動規則などがある会社なら、問題の同僚と話す前に、それをチェックした方がいいでしょう。また、直属の上司や、さらに上の上司に前もってその問題に気づいてもらい、同僚が取り乱している状況から逃れられるように、アドバイスをもらった方がいいかもしれません。いったん外堀を埋めてしまえば、あとは「言わなければならないことを言う」という一番めんどくさい仕事が始まります。…

…へりくだったり、見下したりしないようにするのが大切です。人間誰しも、自分の行動が他人にどんな影響を与えているのかは気づかないものです。ほとんどの人は、他人をひどく傷つけたりしたくはありませんし、その問題に関わりたくないからこそ、問題を突きつけることにネガティブな反応をするのです。相手がネガティブな反応をする人の場合、どんなに気を遣っても、優しくて理解ある言い方をしても、難しいかもしれません。…

…一般的に「私には解決できない」という場合は、「解決方法がわからない」もしくは「解決してみようと思ったがダメだった」のどちらかです。解決する段階で直接手助けしてあげられないとしても、問題を解決しようとする気を持たせ、良くなってもらうことを目標にしましょう。できることなら、ちょっとした会話を心がけて、問題を少しずつ切り崩していくのがいいと、Godin氏は言っています。こういった支援行動は、どんな同僚にも必要なものです。…

…その問題を解決していくことにそこまで関われないという場合は、会社に何らか助けになるものがあるはずです。健康保険でカウンセリングや、何か関連するプログラムが受けられるかもしれません。また、会社が従業員支援プログラムを持っているなら、どんな問題でも解決するのに必要な支援を見つけるお手伝いをしてくれる無料のホットラインに、従業員が内密に相談することができます。悪臭問題から、喫煙問題まで請け負ってくれるでしょう。プライバシーを保てるので、助けを必要としている同僚にとってはありがたい方法です。…

…「微妙な問題」というのは、一筋縄ではいかないものですし、必ずしも自分一人で解決できるものではないかもしれません。ですから、信用できて気兼ねなく一緒に働ける人を見つけるよう、常に心がけましょう。微妙な問題について話す時は、からかわないように問題を現実的に解決する一番いい方法を考えるようにしましょう。問題の同僚があなたに嫌な思いをさせているとしても、自分がされたくないような扱いをその人にしないように気を遣ってください。そうすれば、問題を解決するかなり良い機会が巡ってきます。…

- 現在進行形の深刻な問題は何もないが、知っておいた方がいいことかも。微妙な問題は上にも下にも存在すると考えて、自分の立場を相対的に評価されることなく立ち居振る舞いたい。組織に起こる問題には必ず帰結できる約束があるはずだから、その中では誰もが対等のはずだ。 (via LIfehacker)

— 2 years ago with 190 notes
#problem-worker  #lifehacker  #office  #solution 
  1. daisukeh posted this